So-net無料ブログ作成
検索選択

計画停電3~主夫目線で~ [雑感]

 昨日来の冷たい雨はまだ降り続いています。少し前に比べれば、寒さは幾らかはしのけるとはいえ、まだ春を告げる雨の暖かさには程遠い。
 連休中はセーフでしたが、週が開けると同時の計画停電再開、これで4回目。もはや腹をくくって、夏はおろか、次の冬までこの停電が続く覚悟はできました。ささやかな願望だけど、エアコンも照明も我慢するからPCの一台だけでも生かしておいてもらうわけにはいかないだろうか、東電さん…無理ですね。予定時刻、例のごとくバッツンであります。これで朝炊いたご飯は哀れ冷や飯化の運命。なんでウチの炊飯器、再保温の機能がないんだろう…。
 この時期、長男は名古屋転勤を拝命、昨日より赴任、家人も初めて家を離れる長男の身の回りの品整えるということで、長男と同行(過保護だね)です。で、晴れて気軽な一人暮らしとなるかといえば、地震で卒業式を流され、出勤待機中の次男が家でごろごろしている。そんなこんなで主夫の役回りをしなきゃならんのであります。
 停電中の3~4時間の過ごし方。いろいろ検討する中で、隣の船橋市は計画停電のグループ分けが異なることを発見。幸い連休中にクルマに多少給油することができたので、買出し兼、モノ不足の実態調査に赴くことにしました。
00おでかけ.JPG
 停電中にクルマを乗り出すのは初めてです。信号が消えているので慎重に…。駅前交差点では交通警官が3,4人出動して交通整理中。
01八幡駅前.JPG

 向かったのは食品スーパーの「T」、いわゆる「激安スーパー」でいつ行っても買い物客でごった返している店です。今日は昼過ぎの出動、当然ながらいろんなモノが品切れになっていることを予想していたのですが…。
02てらお.JPG

 なんだかモノがいっぱいある…。そのくせ客が少ない…。
03たまねぎとか.JPG

 先週来、松戸市境にあるスーパー「B」、自宅徒歩圏内のスーパー「O」、いずれも商品空っぽの棚を見てきたもので、しばらくはこんな状態が続くのだろうと思っていたのですがなんのことはない。多少欠品は見られるものの、卵も豆腐も牛乳もコメも肉も魚もインスタントラーメンも、普通に売ってます。何より驚いたのは、客の数が少なく、雰囲気も落ち着いていたこと。この店、普段はバカ安のタイムセールや、詰め放題イベントなどを積極的にやっていて、客のテンションも高いんですよ。もう少し殺伐とした空気を予想してきたのですが、拍子抜けでした。
04とちおとめ.JPG

「サトウのごはん」も普通にあるけど、誰も手を伸ばさない…。
05サトウのごはん.JPG

 どうやら当地では、一時的なモノ不足パニックも、さほど大事には至らず収束に向かっているようです。
 ということで、ほぼ普段どおりの買い物ができました。
06戦利品.JPG
多少値段は高い気がしたけど…こんなものかな。

 一方、帰り道見かけたガソリンスタンドは今日もどこも売り切れクローズ。
07スタンド1.JPG

08スタンド2.JPG

 しかしこれもあと数日もすれば平常に戻る気がします。
 
 当面品薄な商品はまだまだいろいろあるだろうけれど、少し落ち着いて待てばなんとかなる、その程度にはこの国の底力はしっかりしているように感じました。なにやらネットには「ジジババがモノ不足パニックを煽っている」といった若い世代の怨嗟の声が溢れている。我が身に覚えがないわけではないんだけれど、あえてもう一度、同世代や上の世代に「落ち着こうよ」といいたい。

 とはいえ、不安要因はやっぱり電気だな。家に帰れば寒いし薄暗く、布団にくるまりながら考えるのは一日数時間、強制的にあらゆる日常活動、経済活動を中断せざるを得ない計画停電、これ、節電の必要性は十分承知で言うのだが、やっぱりもう少し賢い方法は考えられないものか?
 東京の中心部が計画停電の対象からはずれていることで、どうも意思決定をする人たちと、周辺部と意識のズレが出てきているような気がしてなりません。
 今日の東証では東電の株価が大幅に値上がりしたそうだけど、どうも庶民実感とは程遠いね。
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 7

Cedar

興味深く拝読いたしました。実は我が家のエリア、第4グループに属しているのですがまだ停電経験なしです。家人ともども無邪気に喜べずにいます。
計画停電=不公平計画だったとしたら・・人間がスイッチ入れたり切ったりしてるんですからやれば出来るわけです。
そういえばうちの近くには某大物政治家の家があります・・・
by Cedar (2011-03-23 01:28) 

manamana

近所のお店に、いつも通り品物が山になっていれば、
かえって買いだめしないのかも。
だって、棚がすかすかだと、
いつもに見慣れぬその光景に不安を感じてしまいますから。
by manamana (2011-03-23 08:30) 

maipenrai

Cedarさん
 おはようございます。計画停電のおおもとのプランは、平常時に危機管理対策として練られたものでしょうから(市町村合併が反映されていないとか)その時点での恣意性が入り込む余地はあったかもしれませんね。
 その後いろいろ手直しされているようですし、一日3時間ずつ時間帯がくり上がっていく方式にしても、公平性は考慮されているんだと思います。
 いままたグループ分けをさらに細分化する話が出ていますが、そういう話かなぁ、と思ってしまうんですね。じゃあ、もっといいアイデアを出してみろ、といわれても困ってしまうんですが…。

manamanaさん
 まったくそうですね。頭の中では物資は被災地優先とか、物流が滞っているだけで、システムが回復すればすぐに元に戻るとわかっていても、空っぽの棚を見ると焦る心理はだれにでも生まれるし、そうした心理はすぐに増幅し伝播しやすいのも事実ですね…なんてエラソーに書いてますが、買い物に行けばついいつもより多めにモノを買ってしまう自分がいます。
by maipenrai (2011-03-23 09:48) 

maipenrai

J-powerさん
ロクさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2011-03-23 19:33) 

銀狼

この度は、ご来訪頂きましてありがとうございました。
当方、札幌在住のため、幸いに震災被害に遭わずにおりますが、
こうして停電や余震などでご苦労されていらっしゃる方には、
本当に申し訳なく思ってしまいます。
当たり前の物が当たり前にある事に心から感謝をしなければ、
と改めて感じさせられます。
皆様のご苦労が少しでも緩和されるよう、
また被災地の方々が少しでも元気を取り戻せるよう、
微力ではありますが、出来る事をコツコツとやっていきたいと
思っております。
by 銀狼 (2011-03-23 20:09) 

maipenrai

銀狼さん
 コメント、そしてniceありがとうございます。
 正直なところ、停電には苦労しているという実感はなく、語弊があるかもしれませんがイベントを楽しんでいる、という感じです。もちろんこれは我が家がそれなりに健康な夫婦と息子という所帯だからこそいえることで、体の不自由な方、病気のご家族を持った方、あるいは小さいお子さんや高齢の方をかかえた方々には切実な問題なのだろうと思っています。被災地の皆さんのご苦労はいうまでもありません。
 とりあえずブログ初心者の私はHNどおり「マイペンライ」でゆるりといきたいと思っております。
 Fsの記事も楽しみにしております。
by maipenrai (2011-03-23 22:33) 

鉄道三昧

こういうの撮っとけばよかった
ホント凄かった
自分は都心から千葉だったのですが
コンビニは全部売り切れ
トイレは水がなくどこも満タン 女性の生理のせいか全部真っ赤
電車通勤の人は全部路上で徒歩
自分ら車は大渋滞
千葉市でも医療機関が多い地区だったので停電は一切なしでしたが
ガソリン買うのは困りました市原の出光直営まで行きました
夜中の余震でみるみるうち電柱が沈んでいくのも行徳で見ましたし
というわけで今は職住近接してしまい品川駅を眺めて生活しています
by 鉄道三昧 (2013-05-03 21:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。