So-net無料ブログ作成

夜更けの嵐が心を刺す~キハ81系はつかり [昔鉄(60年代の国鉄・私鉄)]

 前回記事で昔の「千葉気動車区」をご紹介しましたが、あれ以來、DMH17エンジンのぐゎらんぐゎらんというアイドリング音が耳元で鳴り続けているような気がします。
 空耳は統合失調症の前触れらしいので、気をつけなきゃ…でも今もパソコンの裏あたりから、あの音が…。
 あ、いけね。ブラウザの別タブでYoutubeの動画を流しっぱなしでした。
 前回記事のコメントで、yomachi_1971さんにご紹介いただいた動画、
http://www.youtube.com/watch?v=GVZUjePOUn8
 岩波映画1960年制作の映画「ディーゼル特急」です。おそらく当時の国鉄のPR映画で、私も当時万世橋にあった交通博物館の3階のホールで、見た記憶があります。
 タイトルのとおり、1960年(昭和35年)の10月ダイヤ改正で上野-青森間を走りだしたキハ81系ディーゼル特急「はつかり」が主人公ですが、これがまた垂涎の映像のオンパレード。
hatsukari.jpg


 単線時代の東北本線を走る「はつかり」を、総天然色(!)で、運転台や客室、走行シーン、果ては走行中の「床下」シーンまで交えて、堪能できるのですが、裏メニューとして「内燃動車の歴史」のくだりで、九十九里鉄道のキハ102(ガソリン動車)や木原線のキハ04/07(機械式気動車)、さらにはキハ17や25(濃紺にクリームの旧塗色・液体式気動車)なんてのがゾロゾロと出て参りまして、千葉の爺鉄としてはもう感涙にむせぶばかりなのでありました。
 そのあたりは、ノーガキに言葉を費やすより、映像で見ていただくのが一番ですね。

 そこで私も何かあやかり企画を…ということで「私が撮った『ディーゼル特急はつかり』はどうだろう…と考えたのですが、総天然色の動画に対するに、くすんだモノクロの昔写真ではあまりに分が悪い。ま、そこいらは深く考えずに…。

 まずは上野駅での「はつかり」から。
01_4002上野.jpg


 昭和40年2月の撮影です。高架ホームに佇む下りはつかり。特徴あるボンネットスタイル。実のところ、子供心に(電車の)151系に較べると垢抜けしていない印象でした。ブ◯ドッグなんて、ありがたくない愛称もありましたね。
 そんな陰口もどこ吹く風。これから始まる青森まで700キロあまりの長い旅路に、9両編成14基のDMH17Hエンジンもガラガラと身震い(?)しています。

 上りの「はつかり」は、始発の青森を朝の5時5分に出発します。こんなに早い時間なのは、もちろん夜行の青函連絡船を引き継ぐためで、北海道からの連絡客は深夜の函館と早暁の青森での乗り継ぎで、さぞ睡眠不足だったでしょうね。
 狩場沢-野辺地。昭和40年8月。
02_4008野辺地.jpg


 十三本木峠の急勾配もなんなく越えたディーゼル特急は下り勾配を軽やかな足取りで、3重連の基地・沼宮内に接近します。…なんて知ったふうに書いてますが、連続の22.5パーミルはどうだったんでしょう? なにしろッ自慢じゃないが私、ディーゼルの「はつかり」には一度も乗ったことがない! キハ58を連ねた急行もけっこう喘ぎ喘ぎ登った坂でした。
 御堂-沼宮内 昭和41年3月。
03_4103沼宮内.jpg


 ぐっと南に下りまして「はつかり」は仙台を過ぎ、常磐線に足を踏み入れます。もう皆様、お分かりかと思うんですが、実は私「はつかり」狙いで撮影に行っていたわけでなく、本命は蒸機。でも東北線にせよ、常磐線にせよ、一日いれば「はつかり」はやってくる。来ればなんていっても東北のクィーンですから、カメラは向ける…でもあんまり気合は入ってない…そんなとこだったと思います。
 日立木-鹿島 昭和40年5月
04_4005日立木.jpg


 C60の牽く下り列車を待たせて、颯爽と駆け抜ける上り「はつかり」。既に電化工事が進み架線も張られています。常磐線はこの直後、全線電化が完成し、蒸気機関車は姿を消してしまいますが、キハ81「はつかり」は翌昭和43年秋、東北線盛岡-青森の電化が完成し、583系電車に置き換えられるまで活躍を続けます。
 富岡駅 昭和42年4月。
05_4204富岡.jpg


 常磐線の撮影行は、夜行日帰りが原則。しかも夜中の平機関区で夜を徹して…なんてことをしていると、昼下がり、上りの「はつかり」が通過する頃には、いつも猛烈な睡魔におそわれていたような気がします。
 広野-末続 昭和42年8月
06_42広野-末続.jpg


 早朝に青森を発つ上り「はつかり」は、冬場でもまだ日が残る夕方4時前には上野に到着しますが、下りの「はつかり」は上野発13時30分。常磐線のこのあたりを、下りの「はつかり」が通過するのは、そろそろ日が西に傾くころ。その日のうちに東京に帰るには、そろそろ撤収準備の頃合いでした。
 大野駅 昭和42年4月
07_4204大野.jpg

 余談ですが、常磐線北部の写真を見ると、胸が痛みます。日立木-鹿島は電車が走るようになったけど、分断された陸の孤島。広野-末続は東京から線路が繋がっている最北端。富岡や大野の駅は、いまどんなことになっているのでしょうか?

 上り「はつかり」のラストコース、終着上野はもうすぐそこです。
 日暮里 昭和40年10月
08_4010日暮里.jpg


 キハ81系が「はつかり」で活躍したのは、昭和35年の就役から昭和43年までのまる8年間。その後も秋田「つばさ」や「いなほ」、「ひたち」で上野を発着していたのですが、私は見た記憶がほとんどありません。最後は紀勢線の「くろしお」に充当され昭和53年の新宮電化まで使われた、とのこと。ボンネットタイプのキハ813が大阪の交通科学博物館に保存されて(準鉄道記念物)いますが、ヘッドマークは「はつかり」じゃなくて「くろしお」。大阪だからなぁ…しょうがないか。
 さらに余談。映画「ディーゼル特急」のラストでは、長旅を終えた「はつかり」が、青函連絡船を遠望する青森駅のホームに到着するシーンで終わるのですが、ダイヤでは0時を回った頃の到着のはずが、空がやけに明るい。さては上りの始発「はつかり」が操車場から入線するシーンで誤魔化したな! なんて重箱の隅をつついてニヤニヤしていたのですが、どうも調べてみるとあの映画は、就役前にロケ用の特別列車を走らせて撮影したらしい。確かに営業運転中では無理そうなアングルも多々見られるわけでした。
 まぁそれほどに、当時の国鉄が、キハ81系に賭ける期待や、自信や誇り…も伝わってくるわけです。まさか営業運転開始後、トラブル続出で「はつかり・がつかり」な~んて揶揄された…おっと、それは言わないお約束。

 青森からの長旅を終え、上野駅にカラダを休めるキハ81系…
09_上野.jpg

 なんて具合に締められればいいんですが、この写真は「とき」が隣に写っているから下りの「はつかり」ですね。
 なんとも締まらない形になりましたが、アリモノで無理矢理ネタをひねり出すと、こういう結末になる…ってことで。
 まったく
 にっちもさっちもどーにもブルドック♪
nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 14

コメント 8

京葉帝都

ずんぐりしたボンネット、横広がりの運転室の窓、径が大きいヘッドライトからして、どこかソ連や東ドイツの特急車を思わせます。私はキハ81は「くろしお」で見ました。

by 京葉帝都 (2012-07-05 00:51) 

KEY坊

こんにちは~
佐倉機関区 C58207の「指導物語」も拝見しました~
by KEY坊 (2012-07-05 11:43) 

Cedar

日暮里駅、金町駅、江戸川の鉄橋~ガキのころ親しんだ常磐線でみるキハ81は、まさに『掃き溜めにはくつる』でした。茶と黒が殆どのなかの特急色、『こだまがきた』と叫んだ非鉄ガキやおじさんもいましたね。
by Cedar (2012-07-05 15:49) 

maipenrai

京葉帝都さん
 同じ時代に作られたボンネットタイプですが、151系に較べると無骨なデザインですね。なるほど、かつての東欧やソ連にはこんなのがいそうです。

KEY坊さん
 懐かしのDC・DL 昭和30年代
http://www.youtube.com/watch?v=o_jj4OY9aT8&feature=related
 でも、昔の千葉駅や房総を走るDCの映像が見られますよ。

Cedarさん
 特急なんて別世界の存在で、一生乗れるもんじゃない…少なくとも高校生頃まではそんな感覚でしたね。
>『こだまがきた』と叫んだ非鉄ガキやおじさん
 よーくわかります。最初に「こだま」にあの色を塗ったので、気動車特急を作るとき、沿線の人たちがあの色でなければ納得しなかった…なんて話をどこかで読んだことがあるような…。

xml_xslさん
あるまーきさん
hanamuraさん
nexus6さん
プントさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-07-05 18:42) 

あおたけ

なんとキハ81ブルドックの「はつかり」の登場とは、
同じモノクロ写真でも私の「あけぼの」とは
あまりにも深さが違いすぎます(恥 ;;)

こうやってみると、キハ81の存在感はスゴいものがありますが、
上野駅や日暮里周辺って今もあまり変わっていないように感じます。
by あおたけ (2012-07-05 19:17) 

maipenrai

あおたけさん
 「深さ」じゃなくって「古さ」だったらナットクです(笑)。片や画角を考え尽くした端正な佇まいの写真、こちらはいきあたりばったりの「パチリ」(恥 ;;)。
 なんてことはともかく、跨線橋やアングルがまだ豊富に残っていそうな日暮里近辺、出撃してみたいな、なんて思ってます。

フジトモさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-07-05 21:41) 

maipenrai

シュウチャンさん
suzuran6さん
燕っ子さん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-07-07 17:39) 

maipenrai

hirapさん
パルの大冒険さん
vivianeさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-07-10 12:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。