So-net無料ブログ作成
検索選択

立石さま [ご近所鉄(京成電車など)]

 毎度ネタにさせていただき恐縮の極みなのですが、敬愛するCedarさんのブログ「Cedarの今昔写真日記」の最新記事「昭和の京成沿線案内図(その1)」
http://cedarben.blog.so-net.ne.jp/2012-09-10
 は、千葉で育った昭和の鉄ガキには、感涙モノの企画でありました。
 昭和30年代、京成電車の車内(駅)に掲出されていた、イラストマップというのか、絵地図というのか、当時の京成電車の路線図に沿線の名所旧跡観光地、その土地の名物の数々が描かれていて、それがまた50年以上前の「時代」を物語っています。

 詳細はCedarさんの記事を見ていただくとして、私が思わず反応してしまった「重箱の隅」的ネタ…が、記事の上から4枚目の図版、京成上野線と押上線の拡大図です。
 地図全体に盛りだくさんに描かれた「沿線名所」、なのに押上線沿線には、工場のイラストがポツンと一つだけ描かれているだけ…に苦笑してしまったのですが、よく見ると京成立石駅のそばに、小さな「立石さま」の文字が…。

 立石「さま」ってなんだよ!?

 京成立石が城東下町の呑み助の最大の「聖地」であることは論を俟たないところです。その聖なること、ヒンズー教徒のバラナシ、イスラム教徒のメッカに比肩するほどで、下町の呑み助たちは、聖地巡礼を夢見ながら日々の辛い労働に耐えている。そんなわけですから「立石」なんて呼び捨てにするのはリスペクトが足らない、敬称をつけなさい…と言われるなら、「さま」でもなんでもつけちゃいますが…どうもそういうことではないらしい。

 というわけで昨日夕刻近く、「立石さま」探しに降り立ったのは京成青砥駅。
 上野行き特急の反対ホームに停車していたのは京急新1000形。ナンバーを見るとトップナンバーで、これはひょっとして初期のジーメンス「ドレミファインバーター」搭載車?
00ドレミファ電車.JPG


 発車まで数分待って、「ド~レミファソラ~」と軽やかに奏でながら発車していく1000系を見送ります(酔狂)。

 駅前の地図。茶色に見える線が京成線で、上方が京成立石。このあたり、蛇行しまくる旧中川に向け、半島状に突き出したあたり(×印)に、「立石さま」がおわすはず。
03このあたり.JPG


 それにしても暑いなぁ…。西陽を遮るため、「よしず」を立てかけた小さな八百屋さん。
04八百屋さん.JPG


 葛飾税務署を目安に歩くこと10分ほど。税務署の前では道路工事をやっていて、裏手の狭い路地に迂回させられ、そこは住宅街のまっただなか。ホントにこんなところに「立石さま」はおわすのか?
 遊具がいくつか置かれている、こじんまりした児童公園があった。その中を覗きこむと、なにやら案内板のようなものが…。
06ここらしい.JPG


 回りこんでみると、「立石祠」と彫り込まれた石柱と、かがまないと頭をごっつんこしてしまいそうな鳥居。その先に、飛び石状に石板が埋め込まれ奥に続いている。
07立石祠.JPG


 行き止まりにあった、ミニチュアの鳥居と、その先の一メートル半四方の方形の一角。これが「立石さま」?
08ちっちゃな鳥居.JPG


 いや、そうではなく、石柱に守られて、地面からちょこっとだけ顔をのぞかせているこの変哲もない石が、「立石さま」のご本体らしい(上から失礼します)。
09これがその.JPG


 傍らの案内板には、「立石」の地名の起源となった石で、房総鋸山の産、古墳時代後期にこの地に運び込まれ、奈良時代には古代東海道整備の際の目印として使われた…なんてことが書かれています。
 地表面に露頭しているのはほんの一部分で、地下の状況は窺い知れない「奇石」として崇められた…だから「立石さま」なんですね。
10ノーガキ.JPG


 京成の「路線案内」にも載っているくらいだから、昔はさぞ大勢の善男善女が…なんてことを思いつつその場を辞去(なにしろ暑いので)。すぐ近くを蛇行し流れている旧中川の堤防にたってみると、ここは風の通り道。日陰は見当たらないけど、気持ちがいい。右が立石、左が奥戸。中を取り持つのは本奥戸橋。遠くにスカイツリーも見えてます。
11奥戸大橋.JPG


 さて、立石に来たらやっぱり京成電車を見なくては。陽のあるうちに来るのは一年ぶりなので、連続立体交差事業の進捗状況も気になる。
 再び迷路のような住宅街を歩いて行くと、踏切警報機の音が聞こえてきました。
12.JPG


 ほどなく線路際。颯爽と駆け抜けていく真っ赤な京急1700系。もちろんここはれっきとした京成の線路です。
13_1730.JPG


 青砥から高架を駆け下りて、地上に降りた京成3000形。ふと気づいたんですが、ここから立石駅前後までの短い区間、架線柱は網状鉄柱が残っています。手前の鉄柱の奥は、もう変哲もないコンクリートポールですね。
14気づいたんだけど.JPG


 ということで、鉄柱強調アングルを探してみる。やってきた北総9000形を引きつけて引きつけて…。
15ためてためて.JPG

 引きつけ過ぎちゃいました。

 ギラギラと照りつける西陽をいっぱいに浴びる京急600系。よく見るとアクセス特急の表示が…。成田空港から、長駆三崎口まで走る、確か夕刻に一本だけ設定されている電車。
17ギラキラ600系.JPG


 京成立石駅。駅近辺はまだ立体交差の工事にかかっておらず、いつもの下町風景が健在です。
16立石駅が_1730.JPG

18_47T5302F.JPG


 いつも駅の青砥寄りばかりなので、今日はひとつ四つ木側に行ってみましょうか?
19今日は四つ木方向へ5303F.JPG


 線路の北側部分は、既に立体交差工事用の土地が確保されています。
20工事予定地.JPG


 ようやく日が陰ってきましたが、なかなかうまい具合のアングルが見つからない。
21_7502F.JPG


 立石-四つ木間は比較的線形がいいので、特に通過電車はけっこうなスピードで駆け抜けていきます。両側は住宅密集地で踏切も多く、かぶりつきで見るにはスリリングな区間ですが…この線路が高架に持ち上がってしまうと、殺風景な光景になってしまいそうです。
23_3678F.JPG


 やっぱりこんな風景が「立石さま」の真骨頂。
24駅前通り.JPG


 日も暮れなずみ、沿線の赤ちょうちんにも灯がともる。
26夕暮れ立石様.JPG


 結構歩いて足は棒、喉はカラカラ…というわけで、立石さまの聖杯拝受と参ります。
27立石様の聖杯.JPG


 いい塩梅のほろ酔い気分で、帰りの京成電車の車内。
 見上げる「停車駅ご案内」は機能的だけどなんだか無機質な感じだし…。
01停車駅案内.JPG


 「沿線案内」は、昔ののどかで夢が溢れていたそれとは大違いのミもフタもないありさまで…。
02沿線案内.JPG


 なんだかなぁ~、と溜息のひとつも出てしまう親父…。

 ということで、Cedarさんの記事の尻馬企画、これにて失礼致します。
nice!(16)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 7

プント

立石さま、私も行ってみたいと思っていたのですよ~
しかも今なら京成のスピード感もまだ体験出来るのですね~
高架になる前に一度行かねば。。
by プント (2012-09-12 10:05) 

KEY坊

Cedar様といい、maipenrai様といい、ブラタモリ的で好感です。
そうなんです ... 何だかねぇ~、
月日が経ったと言うか、歳を重ねたと言うか、目に飛び込んでくる光景に戸惑いを覚えて ... (苦笑)
リストラで会社を追われ、家族抱えて海原に放り出され、通りかかった船に助け出されて働く世代、世の中を観わたす身であれば、... (笑)
なぁ~んてネっ 、、よかったら、戻り鰹で一杯、よかったら、誘ってやってくださいな ♬ 私メも立石さまに乾杯したいと思います !!
(特殊企業の変則勤務、クラブに顔が出せなくて … わけ分からない言い訳ばっかし ...)
by KEY坊 (2012-09-12 11:48) 

maipenrai

プントさん
 立石さま、ご存知でしたか! 当方、齢60を越えるまで、しかもさんざん立石の街には世話になりながら、知らなかったというのがちと恥ずかしいです。高架になるまで、まだしばらく掛かりそうですが、工事が始まればあっという間に風景が変わってしまいそうです。

KEY坊さん
 記事には書きませんでしたが、立石の密かな楽しみ「レバナンコツ混ぜタレ(モツ焼きですw)」、奥歯の塩梅が悪く、レバはいいんですが、ナンコツが噛み砕けずに、少々暗澹たる気持ちになった昨晩でした。神や仏から路傍の石にまで、ご利益を願いたくなる黄昏時…。まぁ、一杯いきましょ!

tochiさん
あるまーきさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-12 16:52) 

Cedar

いやはや、素敵な記事ありがとうございます。無味乾燥な拙記事とは違い、故事来歴から現代へのツナギもお見事!
実は、雑色のつぎは立石、と考えて三連休にでも行ってみんべえ、と思ってましたが、急遽変更~
あの街は色んな思い出があるのでまたいずれ。
by Cedar (2012-09-13 10:06) 

伊 謄

 そういえば、立石付近は開業時には併用軌道でしたねぇ。
 もちろん、見てませんが(笑)。
by 伊 謄 (2012-09-14 01:33) 

maipenrai

Cedarさん
 どうも恐縮です。あの「沿線案内図」は懐かしさの極みで、穴が空くほど(笑)拝見させていただきました。まぁ久しぶりに立石で「琥珀色のハイボール」を飲む言い訳を探していた、ということもありますが…。立石は京成の高架化に合わせ、街の再開発計画も進んでいるようです。余所モンがノスタルジーでうだうだ言うのも詮無いことですが…あの街は変わってほしくないなぁ…。

伊 謄さん
 コメントありがとうございます。
 幹線道路の平和橋通りと奥戸街道の交差点が踏切の脇にあったり…あの辺りの高架化は止むを得ないと思いますが、街の風情だけは失ってほしくないですね。

モボさん
フジトモさん
hanamuraさん
nexus6さん
シュウチャンさん
パルの大冒険さん
燕っ子さん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-14 16:58) 

maipenrai

あおたけさん
@赤坂さん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-17 09:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。