So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイヤ改正の頃~その1~昭和40年秋、上野&鶯谷 [昔鉄(60年代の国鉄・私鉄)]

 1960年代の国鉄は、実によく「ダイヤ改正」を行なっていました。年々増える一方の旅客、貨物の輸送量に追いつけ、追い越せとばかり、電化区間は著しく伸び、幹線系統の線増工事が進み、その工事が完成する都度、ダイヤが改正され列車が増発されるのです。あわせてエネルギー革新の流れの中で、蒸気機関車はディーゼルや電気機関車に変わり、優等列車が増えていき…まったくめまぐるしいばかりの変化の時代でした。
 どういうわけか、この頃は大きなダイヤ改正は10月1日、と決まっていて、この時期になると消える列車を追いかけ、新しく生まれた列車を見に、と昭和の鉄ガキも忙しくなります。

 昭和40年の10月1日にも、大きなダイヤ改正がありました。
 このときは鹿児島本線が熊本まで、北陸本線が富山-糸魚川、東北本線が仙台-盛岡間の電化が一挙に完成し、夏に電化が完成していた中央本線辰野-松本間も本格運用が始まり、主要幹線の軌道強化工事が完成し最高速度が110キロ化…と、全国に特急網が張り巡らされた昭和36年10月1日改正に次ぐ規模の大きな変化がありました。

 その頃、東北本線の大型蒸機にヤラれていた私、仙台-盛岡電化となれば、その区間のみで運用されたいたC59は? D62は? と大いに気になるところ。さらに電化の見返りのように、10月からは常磐線回りでC62が牽引する寝台特急「ゆうづる」が誕生する! 
 ああ、見に行きたい…と気は逸れどもなにしろ中3坊主の身分、仙台、盛岡は遥か遠く、一応翌春に高校受験を控えている身とあれば、親に「行きたい」などと言い出せるわけもありません。
 まぁ、実際のところは、電化というインフラが完成しても、それに見合った車両…電車とか電気機関車とか…を一気に揃えるほど、国鉄の財政は潤沢ではなく、しばらくは架線下を蒸気機関車が走る光景が、あちこちで展開してたわけですが…中3のガキ鉄としては身近な場所で、ダイヤ改正を実感するしかなかったわけであります。

 そんな昭和40年9月末の某日、学校の授業を終えて、ダッシュでやってきたのは上野駅。当時の地平ホームの一番東側、16番線にディーゼル特急の「つばさ」が停まっていました。
01上野駅つばさ.jpg


 キハ82系列で組成されたこの特急は、昭和36年10月改正で奥羽線回り上野-秋田間にデビュー、2年後の38年10月改正で(実際は車両落成時期の関係で12月から)上野-盛岡間にも走り出し、秋田、盛岡編成を上野-福島間併結した堂々の14両編成で走り続けていたのでした。
 盛岡まで電化されたことで、「つばさ」の盛岡編成は、10月からは481系電車を使った特急「やまびこ」に生まれ変わり、同じく上野-仙台間を走っていた気動車特急「ひばり」も電車化の上、2往復に増発され、東北本線に初めての「電車特急」が走りだす。

 やはりこの改正で、上野駅から姿を消すのが特急「白鳥」。
02.特急白鳥.jpg


 上野を出発、信越本線を経由して、直江津で青森からやってくる「白鳥」と併結し、北陸本線を大阪に向かうという「全区間乗り通す人がいるんか?」という列車でしたが、10月からは上野-金沢間の「はくたか」として独立することになります。

 そんなわけで、14両の長大編成の「つばさ」の最後の姿を記録しようとやってきたのですが…。盛岡-上野のサボと「つばさ」の愛称板。結構こういう「証拠写真」を撮るのが好きなヘンな鉄ガキでした。
03上野駅つばさサボ.jpg


 そのくせ…この「つばさ」はこれから出発するのではなく、秋田・盛岡から上野に到着したばかりの「つばさ」です。学校帰りだからね。上り「つばさ」の上野着は16時50分でした。
 地平ホームのはずれ、尾久方の先頭車。さすが14両の長大編成、隣の17番線がガラガラだと思ったら、「つばさ」が思い切り分岐ポイントを支障していたのね。
04上野駅つばさ.jpg


 尾久に回送されていく「つばさ」。先頭は地上線への立体交差をくぐっているのに、最後尾はまだホームを出外れたばかり。14両も連なった特急編成は、壮観なのでありました。
05上野駅つばさ.jpg


 別の日。このころは学校帰りは寄り道ばかり。この日は鶯谷で下車。
 前向きなのか後追いなのか、上りの上野到着目前の姿なのか尾久への回送なのか…よくわからないけど、とにかく「つばさ」。
06つばさ.jpg


 シャッタースピードを設定できない我がバカチョンカメラ。秋の夕暮れ時では走行写真はみな動体ブレ。でも上下に手ブレしているのはキミの腕のせい。

 おそらく言問通りの跨線橋の上から。仙台行き特急「ひばり」の上野発は16時30分。
07ひばり.jpg


 同じ場所で、前橋行きの165系準急「あかぎ」。上野発16時25分。
08.あかぎ.jpg


 反転式のトレインマーク。真ん中の蝶番の部分に文字がかからないよう「あか ぎ」と変な標記です。

 側溝の中から? 背伸びして撮った453系急行「まつしま」。16時22分上野着の上り「第2まつしま」かな?
09まつしま.jpg


 手前の2線が常磐線ですから、3本目を走るEF80&客車列車は尾久から上野への推進回送列車でしょうか。
10_EF8018推進.jpg


 同じ編成が、今度は常磐線下り線を走って来ました。客車を牽くのはEF8018。でも機関車次位に郵便車が連結されている不思議。
11_EF8018.jpg


 常磐線東北線高崎線の客車列車の荷物車、郵便車の連結位置は上野寄りじゃなかったでしたっけ?

 常磐線下り線を、こんな電気機関車が走ってきた。
12_EF5318.jpg


 EF5318。戦前の急客機も、晩年は東京駅の入換や、汐留-隅田川間の荷物車の継走といった地味な仕事に就いていました。もっともこの少し後、山陽線はセノハチの補機としてEF59に改造され長く活躍を続けたのですが…。

 このEF58147の牽く列車は、次位にブルトレ20系客車を繋いでいます。定期でこんな編成があるはずもなく、配転がらみかなんなんだか←無責任。
13_EF58147.jpg


 EF60103が牽く、おそらく高崎線の客車列車。機関車は新製間もない頃、SGもEGもないEF60ですが、夏場限定で一般客車を牽く機会があったようです。
14_EF60103.jpg


 それにしても私…完全に常磐線の線路上に立ち入っちゃってます。50年近く前のこととはいえ、ブログにこんな写真を掲載していいのか?
 453系の福島行き急行「あづま」は、上野を17時発。
15あづま.jpg


 5複線が並び列車が行き交う鶯谷近辺、ずいぶん行儀の悪い写真をお目にかけてしまいました。
 言問通りの跨線橋から見た日暮里方向。国鉄の5複線を跨ぐガードの上を走るのは京成電車、大好きだった750-2200形編成に見えます。
16京成750形.jpg


 ダイヤ改正後の情景は、日暮里の方で、もう少し御行儀よく撮ることにしましょう。(続きます)

nice!(29)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 29

コメント 21

伊 謄

 EF53はおそらく隅田川へ行くんでしょうが、経路が気になります。
 田端経由で向かった気がするんですが?
by 伊 謄 (2012-09-25 00:54) 

Cedar

国有鉄道にはそんな強い関心の無かったCedarですが、この区間の車両のバラエティには惹かれていました。回送の推進運転が大好きでしたが写真は殆どありません~。
by Cedar (2012-09-25 07:37) 

あおたけ

いつもながら貴重なお写真の数々、堪能させていただきました。
私の世代ではすでにキハ82は北海道や九州、中部の「ひだ」や「南紀」で
しか見る事ができず、関東とは無縁のイメージでした。
唯一、近年までその証として残っていたのが、
碓氷峠の補機であるEF63のジャンパ栓受けに「キハ82」の文字が
記されていた事くらいです。
お写真にある「白鳥」が碓氷を越えていたのですよね。
by あおたけ (2012-09-25 19:07) 

maipenrai

伊 謄さん
 5複線の線路の2番目、常磐線下り線を走ってきたので、おそらくこのまま隅田川に向かったんだと思います(日暮里に東北線への渡り線はなかった)。でもまっすぐ隅田川に向かうと、東北方面から来た客車と向きが逆になってしまう…。気になりますね~。

Cedarさん
 推進運転、私もロクに撮ってません。あの客車の幌のところで、緊急用のブレーキ弁をセットして、しゃがんで前方監視していた姿、今思えばしっかり撮っておきたかった…。御ブログでご自宅から歩いて日暮里の線路際に遊びに行った…という記事を拝見した記憶があります。次回はその日暮里界隈での写真をアップするつもりです。ご笑覧ください…。

あおたけさん
 この年の改正で481/483系特急が走りだすんですが、それまでは電車特急は一往復の「とき」だけでしたから、気動車特急はまさに「上野のクイーン(キャバレーではないw)」でした。全体にゴツく精悍な感じの181系に較べると、全体に丸みを帯びた82系はいかにも「昭和」な感じがすると思うんですが…。

あるまーきさん
hanamuraさん
シュウチャンさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-25 19:29) 

みやちゅう

こんばんは またまた懐かしき昭和の鉄道写真 いいですね!
私も9月末はいまだ ダイヤ改正のことを思う 古テツ人ですよ
鉄道ファン 1965年 12月号をめくっています
平区 C62-47 ゆうづるマークが表紙です・・・中身は10月改正記事
が見られます。場所が変わりますが テレビ 梅ちゃん先生の戦後
シーンでよく聞こえた 蒲田駅付近のSLの汽笛 B6(2120)などか?
1965年 10月1日 横浜機関区の8620が後進機DD13に変更されたとの記事が、1本だけ残った汐留・品川の入れ換えの釜でした。
by みやちゅう (2012-09-25 20:39) 

suzuran6

おじゃまします
キロの「1」の切り文字に感動いたしました。
「こだま」には負けるのでしょうが、82系の長編成には、風格があり
「威風堂々」ですね。
by suzuran6 (2012-09-25 21:53) 

プント

今と違って背の高い建物が少ない、
全くの別世界を見ているようで、
とても興味深く見ることが出来ました。

by プント (2012-09-25 23:25) 

maipenrai

おはようございます。

みやちゅうさん
「横」のハチロク、私も浜松町でみかけたことがあります。都心部の入換機は早くからDD13に替わってましたから、疾走する東海道線の電車の傍らで煙を吐いている黒い機関車の姿に「アレっ」と思ったものです。そうか、この改正で消えたんですね。

suzuran6さん
 等級制が廃止され、グリーン車に名前が変わったのが昭和44年でしたか。確かに輝く「1」の切り文字は風格があり、若葉マークのステッカーに変わったときは、なんだか安っぽくなったなぁ…と感じたものです。

プントさん
 確かに昔は都市部でも空が広かった…。幹線道路沿いでも、せいぜい3階建てのビルが目立っていたほどです。それがいまや、千葉県下の我が地元でも、高層ビルがにょきにょきと建つ時代…。

モボさん
フジトモさん
燕っ子さん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-26 09:28) 

KEY坊

こんばんは~
この頃は特急に乗らんと切符を取るには至難の技だった気がします。
クラスの皆の憧れみたいな「高嶺の花」状態でしたね ...。
ウチの親父はお腹に私が居る母を帰郷させる為、上野駅でダフ屋を雇って日暮里駅で推進回送列車に飛び乗らせて席を獲らせたとかで ...
恐るべし、恐るべし (笑) ( ̄^ ̄)ゞ

by KEY坊 (2012-09-26 16:40) 

maipenrai

KEY坊さん
 凄い話ですね~。お母様はどちらに帰られたのでしょう。
 日暮里にはホームもあったし、ゆっくり推進で走ってるデッキ付の客車に飛び乗るのもあり得ますね。ダイヤ改正ごとに増発されてたとはいえ、「特急」はまだまだ別世界の存在でした。

yakitorimitbierさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-26 21:33) 

伊 謄

 日暮里駅ですが、田端操車場への線路があったんですよ。現在の西日暮里駅の東側を通って、東北本線を潜って操車場へ向かっていて、現在でも東北線を潜るところの廃線跡は残ってます。
 秋葉原から隅田川への貨物はここを通っていたようで、DD13が東北本線を潜るところを写真に撮ったこともありました。
by 伊 謄 (2012-09-27 01:13) 

maipenrai

伊 謄さん
 某、駅配線図のサイトで確認してみたら、ありました! 単線で、途中に踏切まで存在していますね。確かに東北本線を挟む回送線は、尾久の客車ヤードに直通ですから、田端の貨物ヤードから、上野方向へ直接つながるこの線も必要だったのですね。ご教示ありがとうございました。

by maipenrai (2012-09-27 07:10) 

maipenrai

素人写真さん
ねじまき鳥さん
J-powerさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-28 21:29) 

KEY坊

maipenraiさま
こんばんは~
たぶん ... 田植え前の昭和31年早春の頃だと想います。
気になる列車ですが、推測で奥羽本線 急行 401レ「鳥海」秋田行、迎えに来た祖母と母は、父が仕向けた席で大曲へ向かったかと。
もはや戦後でははないと言われたこの年の時代背景、上野駅と日暮里駅の様子が窺い知れる話です。
ごった返した上野駅中央口に隠れてるダフ屋を雇った東京生まれで元海軍士官の父、扶持減らし同然に田舎から嫁いだ母、今ではウチの小娘だけにはに忠実で ... うーむ ( ̄^ ̄)ゞ
by KEY坊 (2012-09-28 23:53) 

maipenrai

KEY坊さん
 モノゴコロついてからもお盆や年末の帰省ラッシュは続いていました。じっさいにはその時期に旅行することはなかったんですが、上野駅前のテント村のTV映像などは鮮明に覚えています。
 大きなお腹を抱えて不安なお母様、なんとかしようと奔走するお父様、尾久からの推進回送列車に飛び乗るダフ屋…思い浮かべるだけで、映画にしたいような光景です。

by maipenrai (2012-09-29 22:38) 

京葉帝都

キハ82系の特急は全国で走っていましたが、どのエリアでも沿線風景と線区に馴染んでいました。
EF80はEF81に比べてパンタが大きくやや武骨に見えます。

by 京葉帝都 (2012-09-30 00:58) 

maipenrai

京葉帝都さん
 キハ81と181の対比に見られる「丸み」と、パーツの造作のデカさが私達の馴染んだ昭和の車両の特徴なのかもしれません。でもEF80と81も違いよりは共通項のほうが多く感じられるのは、同じ昭和生まれのせいななんでしょうね。平成生まれのEH500とかになると、もう別次元の感じで…。

ゆきママさん
 niceありがとうございます。
by maipenrai (2012-09-30 20:59) 

利きゅう

当時は、特急や急行は本当に特別な列車だったのですね!
お写真を拝見していて改めて思いました。

先日、久しぶりに上野-大宮間を乗車したのですが何時の間にかE233系も高崎線での営業運転を始めていて、常磐線といい近郊型車両も殆んどが4ドアとなってしまいました。

宇都宮線の宇都宮以遠や日光線に205系が導入されるのも間もなくで、関東のJRで3ドアの電車は絶滅してしまうのでは・・・と心配してしまいます。
by 利きゅう (2012-10-10 00:44) 

ダー松

相変わらず続いてますね~~
先日メールを送ったら
九段の事務所のものだったようで
届かなかったようです。
よろしければダー松のほうに
メールをヨロシク♪ 
by ダー松 (2013-04-25 16:29) 

やまびこ3

こんにちは。
あおたけさんのところから来ました。
上野-盛岡間の「つばさ」とは、データでは知っていても、サボ付の写真は貴重ですねえ。昭和40上野駅はず~っと工事中だった気がします。
by やまびこ3 (2013-04-30 18:28) 

作草部鎮守の森

 「あかぎ」は、昭和25年から現在まで使われ続けている愛称ですが、もしかしたら運行中の列車の中では最も古く連続して使われているのかもしれませんね。 「銀河」もなくなってしまいましたし。
 上野・前橋間を1時間半で結ぶ俊足ぶりがよみがえってほしいものです。2015年には運転開始65周年(べつに何周年でもよいのですが、運転されているうちに)の行事とかグッズとかがあればいいのに、と思います。
by 作草部鎮守の森 (2014-04-26 16:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。