So-net無料ブログ作成

家から一番近い線路 [昔鉄(60年代の国鉄・私鉄)]

 生まれ育った実家の裏木戸を開けると、北側に向かって幅2メートルにも満たない路地が一直線に伸びています。途中からさらに道幅を狭め、人がようやくすれちがえるほどになった路地の突き当たりは、京成の線路。どぶをまたいで柵もない草が生い茂った高さ1メートルほどの斜面を登り線路に沿った犬走りに出る。目の前を朱色とクリーム色に塗り分けられた電車が走り抜けていきます。
01路地.JPG


 京成の下り優等列車に乗ると、江戸川駅の手前からフルノッチで加速し、鉄橋の上で最高速に達するとそのままの勢いで国府台駅を駆け抜け、勾配を下りながら前方に迫る急カーブに備え減速するあたり。今では江戸川の鉄橋が掛替えで嵩上げされ、同時に国府台駅も高架化されたため、地平からのアプローチ部分にあたるこの場所は、コンクリートの擁壁に視界を遮られていますが、かつては側道との境界に柵もなく、実家から歩いても2,3分と「ちょっと京成電車」を撮るにはもってこいの場所でした。
02_3100形東銀座行.jpg

(1)国府台駅にかけて緩い上り坂を駆け上る3100形。行先札は「東銀座」と読めます…ということは、撮影時期は1963年(昭和38年)3月以降? 同年12月には都営浅草線は新橋まで延伸されています。

よろしければ続きをどうぞ。


新幹線品川車両基地 [昔鉄(60年代の国鉄・私鉄)]

 品川駅・港南口といえば再開発が進んで高層ビルが立ち並び、東海道新幹線駅が出来たことで名だたる企業の本社も数多く立地するウオーターフロントの玄関口です。

 昭和39年(1964年)、当時は京急や国電ホームが並ぶ西口と、港南口を結んでいるのは狭く暗い地下道が一本きり。それもただでさえホーム数の多い品川駅の東側には、広大な貨物ヤードが広がっていて、港南口はその遙か先にあったのです。

 港南口自体、近隣の工場や港湾労働者、そして近くにある水産大学(現海洋大学)の学生くらいしか利用者がいたとは思えず、駅前にはそんな客目当てのバラック建ての安酒場が数軒並んでいるだけの殺風景な場所でした。
 水産大柔道部というバンカラを絵に描いたような高校以來の友人がおりまして、このあたりの安呑み屋で「せんべろ」ならぬ「300べろ」、勢いに乗って水大の寮にたびたびご厄介になったのは、もう少し後のことで、昭和39年の私は紅顔(??)の中学2年生。

 当時の旅客ホームはいちばん東側が東海道線下りホーム。いまではその東側に、総武横須賀線ホーム、さらには東海道新幹線品川駅ホームが並んでいますが、当時はそんなものはありません。東海道下りホームへの階段を過ぎると、港南口に向かってはただただ薄暗い地下道が延々と続いていて…ところが途中何箇所か、明り取りのように、地上に出られる狭い階段があったのです。その階段は、当然貨物ヤードの真っ只中に出る階段で、職員の通勤や作業用に使われていたのでしょう。木製の簡易な柵があって、係員以外立ち入り禁止の表示もあったように思います。

 昭和39年の梅雨の晴れ間、その職員用階段のひとつを上っていくカバンを下げた学校帰りの中学生二人。階段を上った先には、こんな風景が広がっていました。
01_編成写真.jpg


よろしければ続きをどうぞ。


京成本線3050形運用~その後 [ご近所鉄(京成電車など)]

 梅雨の中休み、目覚めれば青空が広がっていて、低温続きだった先週とはうって変わり、気温も30度超の予想。大丈夫か、電気供給…などと思いつつ、せっかくの上天気なので、朝8時前後に相次いで京成八幡を下っていく4連編成をチェックにでかけます。朝っぱらから暑っ苦しい(失礼)色のファイアオレンジ塗装(53運用3312F)が先陣を切って下っていく。
01_53_3309.JPG


 下り電車方向に気を取られていたら、背後から迫る上り電車。あれ、3050形だ。あわててシャッターを切ったのがこの写真。快速特急・西馬込行き。運用番号は61K…とかろうじてチェック。
02_61K_3054F.JPG

よろしければ続きをどうぞ。


higeraman氏のタイ・レポート [番外]

高校時代から40年来の畏友(悪友)、higeraman氏が9日間の日程でタイ、ラオスを訪問、帰国した氏からメールとともに画像が送られてきました。もとより完全非鉄である氏が、かの国の鉄道写真をわざわざ撮影し、送ってくれたということは、「maipenraiちゃん、ブログのネタに困っているようだから使っていいよ~!」というありがたい心遣いと理解し、ここにご紹介させていただきます。
01エアポートリンク.jpg


 なお、higeraman氏のコメントは青字、黒字はmaipenraiの補足コメントです。一部風紀紊乱の恐れのある表現は伏字に、またはmaipenraiが創作・脚色(笑)を加えております。

よろしければ続きをどうぞ。


ママチャリ~ひとつ先の駅へ [ご近所鉄(京成電車など)]

 もう三週間も線路際に立っていません(踏切の電車待ち除く)。指先がピクピクと痙攣したようになってます。~いかん、禁断症状が出ている…。

 「ご近所鉄」ということで、京成電車を何度も記事にしていますが、ほとんど菅野-八幡-鬼越の狭いエリアでしか撮っていません。もともと「犬の散歩のついで」という横着な動機で始めたことですが、さすがに少しは行動範囲を広げないと不味いでしょ。

 ということで、秘密兵器投入!齢60を超えた爺鉄の行動範囲を画期的に広げる「ママチャリ」です!!┐('д')┌
01ママチャリ.JPG


 昔、家内が次男坊を保育園の送り迎えをするのに買ったはずのママチャリ。ということは20年モノですねぇ。最近は誰も乗ることがなく、庭の隅で錆び付いていた。とりあえずタイヤに空気を入れたら、油を差さずともキコキコ異音を発することもなく快調に走ります。優秀じゃん! 今日はこいつに乗って、2時間ほど出来た暇な時間、「一つ先の駅」まで足を伸ばしてみましょう。

よろしければ続きをどうぞ。


線路の終わりは?~筲箕湾 [番外]

 もう10年近くご無沙汰ではありますが、香港に行くと2階建てトラムに乗るのが楽しみでした。香港島の北岸を西は堅尼地城から東は筲箕湾まで13キロ。トロトロと走る路面電車~とはいっても、ビジネスや観光で香港を訪れる人が、香港島で用のあるところといえば、ビジネスセンターの中環から金鐘、ショッピングなら湾仔~銅鑼湾のあたりまで。急ぐときは地下鉄も走っていますので、私も例にもれず、その辺りの狭いエリアをチョイ乗りする程度で楽しんでいました。
00.jpg


 2000年に訪問したときのこと。一人で数時間時間を潰す機会がありました。ホテルのある九龍側からスターフェリーで香港島に渡り、中環の電車通りに出て、そうだ、トラムの終点まで行ってみよう…と。西の堅尼地城、東の筲箕湾。どちらでもよかったのだけど、乗りでのあるのありそうな筲箕湾行きの電車に乗って終点を目指します。
01湾仔あたり.jpg


よろしければ続きをどうぞ。


東海道新幹線 鴨宮モデル線区 [昔鉄(フジペットシリーズ)]

 小学生の頃…。私の家族は毎年夏になると熱海へ家族旅行に出かけていました。いや…そんなブルジョワな家庭であったわけではまったくなく、母が小学校の教員をしていたため伊豆山にあった教員組合の保養所に行っていただけなのですが…。
 とはいえ、教員という安定した職を持った母がいることで、小さな軽印刷所を営んでいた父は、結構好きにやっていたように思えます。
 昭和36年(37年かもしれない)の夏休みも、恒例の家族旅行に出かけたわけですが、それまで湘南電車で行っていた熱海行きは、マイカーでの旅行となりました。その頃、我が家にやってきたマイカーというのは、ルノーの4CV。日産がノックダウンで製造していたクルマ。当時トヨタクラウン(観音開きのドア)のタクシーは初乗り80円、一方初乗り60円で走っていたのがルノータクシー4CVで、その何年落ちかのクルマが、我が家の初のマイカーとなったわけです。
 実はこれが酷いシロモノでして…床の鉄板はところどころ穴があき、走行中に地面が見えるとか、ブルーの塗装はところどころはげ落ちて見かねた隣家の奥さん(プラスチックのオモチャを加工していた)が青い塗料を持ってきて「これで塗りなさいよ」といってくださったりとか…。
 まぁ、そんなオンボロ車で、国道1号線を熱海に向かっていたわけです。今でも箱根駅伝の平塚中継所-小田原中継所は旧1号線を走りますね。国府津を過ぎたあたりで、私が言ったのかなぁ…「鴨宮の先に新幹線の試運転の基地があるから寄って行こう」と。
 野次馬根性旺盛な家族は国道1号を右折して、農道のような狭い道を入っていくと、盛土の高架が目の前を横切っている。東海道新幹線鴨宮モデル線区の築堤です。
 東海道新幹線は昭和39年(1964年)、東京-新大阪間で開業しますが、それに先立ち鴨宮付近から東京より相模川を超えたあたり、いまの相模線倉見駅近くでしょうか…を「モデル線区」として先行的に工事を完成させ、試作電車を走らせて開業に備えていたわけです。
01どぶ川.jpg


 今の東海道新幹線が小田原の手前、酒匂川の鉄橋手前で旧東海道線と寄り添うあたりに、「モデル線区」の事業施設がありました。(それにしてもなんていうアングルだ!?)

よろしければ続きをどうぞ。


国鉄千葉駅の小湊鐵道キハ200 [昔鉄(60年代の国鉄・私鉄)]

 更新をサボりまくっているにもかかわらず、連日多数のご来訪ありがとうございます。
 正直胸が痛みます。なにしろもう6日もブログは放置状態。思わぬ多忙とネタ詰まり…なんとかしなきゃ…と思いつつも、夜になって晩酌重ねるうち「まぁ明日更新すればいいか…」と気持よく酔っ払って寝てしまう親父なのでした。
 とはいえ…皆様方は精力的にブログ更新なさっているし、それをROMして楽しんでいるだけではやっぱり気が引ける。そうこうするうち、敬愛するCedarさんのブログで、昭和47年の小湊鐵道の写真が…。
http://cedarben.blog.so-net.ne.jp/2011-06-10

 懐かしいね、五井機関区。ここはひとつ小湊ネタにあやかってしまえ、というわけで、いまも当時から一両も欠けることなく現役で頑張り続ける小湊鐵道キハ200就役当時の小ネタでご機嫌を伺います。
01小湊キハ200千葉駅01.jpg

よろしければ続きをどうぞ。


学校帰りの御徒町~1964年 [昔鉄(60年代の国鉄・私鉄)]

 前にも書いたことですが、私の通っていた中学は地下鉄銀座線・末広町駅近く、都電だと末広町-黒門町の間、国鉄だと秋葉原-御徒町の間にあり、御徒町のほうがやや近いかな、というロケーション。電車通学の生徒は皆、御徒町駅で下車していました。総武線で通っていた私は、乗り換えの手間を考えれば秋葉原から歩いても時間的には変わらない…と思うのですが、やっぱり中学3年間通して、御徒町駅が乗降駅。通学カバンにカメラを忍ばせて、登下校の途中に目にする電車をスナップしていたようです。

 御徒町駅の山手、京浜東北の南行ホームから東側にカメラを向けると、目の前にはホームのない線路が3線、手前2本は上野から東京駅を結ぶ連絡線、一番東側、奥の線路は秋葉原まで伸びる上野発着列車の留置線。随所にポイントが挿入されていて、何本もの列車を「縦列駐車」で留置できるようになっています。ホームの目の前に東北、高崎線の全金属車クハ86300番代を先頭にした80系電車が停車中。ずいぶん長い編成ですね。
020御徒町80系12連.jpg


よろしければ続きをどうぞ。


鉄道博覧会~昭和37年 [昔鉄(フジペットシリーズ)]

 雨こそ降らないけれど、どんよりした空模様、なにより6月に入ったとは思えない気温の低さで、気分も体調もパッとしません。仕事が詰まって気晴らしに短時間、線路際に立つこともままならず、本ブログの更新もとどこおりがち。
 そういえば、ブログ開設時に「マイカテゴリ」の設定を求められ、思いつくまま作成したはいいけれど、さっぱり記事本数が増えていかないカテゴリがいくつもあって、「おでかけ鉄」が都電荒川線1回きりじゃ、いかにも寂しい…といって、どこにも出かけていないから仕方ないんですが…。

 ということで、やはりさっぱり記事が増えない「フジペットシリーズ(シリーズになってない?)」の古ネタを引っ張り出してみました。
01EF6011.jpg


 昭和37年(1962年)6月、東京晴海にあった東京国際見本市会場で「伸びゆく鉄道科学大博覧会(鉄道博)」というイベントが催されました。

よろしければ続きをどうぞ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。