So-net無料ブログ作成

北陸電車旅~その5~雨の午後、呑み鉄は…。 [ちょっとおでかけ鉄]

昨晩は記事を書き終わり、さてアップロード…という段階で「サーバメインテナンス」のため更新できません」とのメッセージ、しょうがないなぁ~と、そのままほったらかしにしておいて、朝10時過ぎ、「公開する」「保存」で更新作業を終えたつもりでした。
 ところが、いまさっき覗いてみたら、なんと記事の「続きを読む」以降が消えています。記事管理画面に入っていたはずのテキストも、どこかに吹っ飛んでいて…。
 まぁ、こんなこともあろうかと、記事本文はテキストエディタに書いて、保存してはあるんですが、直書きしてたら泣いちゃいましたね…というわけで、改めて全文&写真をご覧いただければ幸いです。

5月10日午後。富山地鉄「電鉄富山」駅。

 頭につく「電鉄」の文字がいかにも似合う、頭端式のターミナル駅です。
 駅前のコインロッカーに荷物を預けて、ライトレールの撮影に向かうというY君と別れて単独行動…。
 富山が誇るライトレールは見ないでいいの? えー、だって工事中の南口から北口まで歩くの、遠そうなんだもん…、と、旅も3日目ともなりますと、やや疲れが出てきて、ものぐさ&ワガママが出てまいります。
01電鉄富山駅.JPG


 ホームに入っている電車は、いわゆる「かぼちゃ色」の3000系…じゃない、10030系ね。ボディーはもちろんご存知、もと京阪の特急車3000系。標準軌の京阪からやってきたので、当然下回りは変更されているんだけど、それも元営団3000系(マッコウクジラ)の足回りの流用で、だったら3000系でいいじゃん←ホントわがままな爺さんです。

よろしければ続きをどうぞ。


北陸電車旅~その4~倶利伽羅で悶々。 [ちょっとおでかけ鉄]

 東京を発って三日目。金沢の朝。
 今朝も快調に(?)6時に目が覚めて、ホテルの窓から眺める空は、少しもやがかかっているけれど青く晴れ渡っています。
01ホテルの窓から.JPG


 目の前には2本並んだ鉄道の高架橋。奥が北陸本線、手前は建設途上の北陸新幹線。
 この場所は金沢駅の南西方向です。長野から金沢駅まで開業予定の北陸新幹線の、さらにその先に位置しますが、車両基地への回送線も併せて作っているため、北陸在来線の松任駅の先まで、新幹線の高架がずっと並行して立ち上がっています。
 このあたり、構体はすでに完成し、線路を敷き架線柱を建て架線を張れば、新幹線が走れる状態にまでなってます。そういえば、昨日見たえちぜん鉄道福井駅の斜め頭上には、新幹線の高架橋が既にほぼ完成していました(車両基地-福井-敦賀の正式着工はまだなのにね)…。

よろしければ続きをどうぞ。


北陸電車旅~その3~2社3線福井の朝をチョイかじり [ちょっとおでかけ鉄]

 東京を発って二日目、福井の朝。
01福井駅前.JPG


 今日は5月の9日。連休明け、土日も挟まず、平日に三泊四日の旅ができるのは、同行のY君も私も、仕事的にはフリーの立場だから…。私の場合は、半ばリタイア…というか「そろそろお引取りを…」という周囲のビミョーな空気を感じる今日この頃であるんですが…。

 暗い話はともかく、平日に電車旅ができるのは、正直ありがたい。私が見たいと思っている電車は、基本、年代物の古い電車です。どこへ行ってもベテランの車両というのは、一日中目一杯稼働していることは少なく、朝夕のラッシュ時に限定的に運用されている場合が多いんですね。しかも日曜休日は運用が減るとか車庫でお休みとか…。このあたり、私の地元・京成の3300形なんかもおんなじですが、全国的にも「古い電車を撮るなら平日朝を狙えの法則」が存在していそうです。

 まぁ、年をとったせいで、早起きは苦でもない。今朝も6時には目が覚めてしまい、投宿した駅前のビジネスホテルのサービス朝食(7時から)をそそくさと平らげ、街に出ます。

よろしければ続きをどうぞ。


北陸電車旅~その2~福鉄にシビレまくる~ [ちょっとおでかけ鉄]

 50年近くまえ、ミーハーな鉄ガキだった私は、まだ全国各所に残っていたローカル私鉄や、そこで働いていた神話的世界の旧型電車にまったく興味を示さず、ファン誌やピク誌で紹介される新型電車には「カッコいいなぁ」と憧れながらも、わざわざ見に行く、なんてことはなく、もっぱら蒸気機関車を追っかけておりました。
 三つ子の魂百まで、といいますが、いまだに電車の好みのタイプといえば、昭和30年代に製造された、丸みを帯びたデザインの当時の高性能電車、できれば顔立ちは、3枚窓より、2枚窓の湘南タイプが好ましい…でもそんな電車たちも、めっきり少なくなってしまいましたね。
 長電2000系なきいま、そんな数少ないストライクゾーンど真ん中の電車が、福井鉄道モハ200形、昭和35年(1960年)製造、2車体連接のWN駆動、福井市内の併用軌道区間を走るため、前面にはカウキャッチャー(でいいのかな?)を取り付け、ドアに連動する3段のステップが付き…なんてことは、皆さんとうにご承知のことですね。
01越前武生駅.JPG


 名古屋からの「しらさぎ」で武生着、駅前を出て少し歩くと、福井鉄道の「越前武生」駅です。以前は「武生新」という駅名で、なんで「新武生」じゃなく、後ろに「新」がつくのか、不思議に思っていたものです。

よろしければ続きをどうぞ。


北陸電車旅~その1~万葉線で大チョンボ [ちょっとおでかけ鉄]

 唐突ですが、富山県高岡に来ています。
01高岡駅681系.JPG


 高岡といえば、鉄的にはJR氷見線、城端線、そして3セク路面電車の「万葉線」。
 じつのところ、こないだまでは、「万葉線ってなに? あそこには確か加越能鉄道の路面電車があったはず…」なぁんて、ズレまくりだった私。白状すれば、富山県に足を踏み入れたことは、大昔(46年前だ!)北陸線を列車で通過しただけ。この年まで下車したことのない県(少なからずあるんですが)の一つなのであります。

よろしかったら続きをどうぞ。


堀切駅 [ちょっとおでかけ鉄]

 東武伊勢崎線の堀切駅にやってきました。
 こじんまりした赤い屋根の駅舎、いいでしょう。その向こう、ホームの裏側には…アレ、桜が咲いている!?
01駅舎.JPG


 そうなんです。賢明な読者にはすでにお分かりのことかと(このフレーズ、一度使ってみたかったんだ…)思うんですが、前回記事(なんと4月7日付)で東武亀戸線を散策した帰り道、ここに立ち寄ったのでありました。
 それにしても、4週間もブログをほったらかしとは! その釈明弁明言い訳は、いずれさせて頂くとして(ホントにすみませんでした)、堀切駅であります。
 この駅は、その特徴的な立地や風情から、映画やTVドラマのロケによく登場するそうで、個人的には昨年末急逝した森田芳光監督の商業映画デビュー作「の・ようなもの」で、若手落語家が立ち寄ったガールフレンドの実家が、ここ堀切の設定だったのが記憶に残っています。そうそう、森田監督といえば、遺作となった「僕達急行 A列車で行こう」が3月末に封切りされていますね。テツとしては見逃せない…かな?
 昭和28年の小津安二郎監督作品「東京物語」で、老夫婦が上京して訪ねた長男の家も、堀切にあるという設定だったようです(見たのがあまりに大昔なので記憶が曖昧…)。

 そんななかで、一番ポピュラーなものといえば、やっぱりTBSのドラマ「3年B組金八先生」シリーズかな? 桜の木に沿って見える建物が、ドラマの舞台になった「桜中学」、そのロケ地になった旧足立区立第二中学校の校舎なんだそうで…。
 わかったふうなことを書いてますが、私はドラマを見た記憶がまったくないんです。放映され始めたのが80年代前半、私は30そこそこでしたから、金曜日の夜8時(金八の由来はこの放映時間かららしい)に家にいてTVを見ているなんてことは…まったくなかったなぁ。仕事が…というより、あの頃は飲むとか、打つとか…いろいろ忙しかったのでしょうねぇ~たぶん。

よろしければ続きをどうぞ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。