So-net無料ブログ作成

落ち着こうよ。 [雑感]

 拡大し続ける地震と津波の被害。被災地の方々には申し訳ないことですが、当地はいたって平穏な日曜日でした。ですが、気になったことが…。
 昼前に夕飯の買い物に出かけた近所の食品スーパー。駐車場はいつになく車で溢れています。店内に入ると、普段であればモノが溢れかえっている商品棚がいくつかのゾーンがすっかり空っぽになっていました。
 インスタントラーメンなどを並べている棚、缶詰の棚、それらがすべてなに商品がひとつない状態です。実は家人から「サトウのごはん」があったら買っておいて、というリクエストを受けていたのですが、当然ながら棚にはそんなものはありません。もちろん私たちが「サトウのごはん」を常用しているわけではない、普通にコメを炊けば済むことなのですし、5キロやそこらのコメはストックしてあります。
 「サトウのごはん」や缶詰類、おそらくいま一番被災地で必要とされているモノのひとつでしょう。当然ながらこの先、そういった商品が品薄になるだろうことは理解できます。しかし、当地のスーパーで言えば、「コメ」そのものや、生鮮食品のたぐいは普段と変わらず並べられている状態です。いま慌てて「非常食」をストックしなければならない理由は見当たりません。

 パニック需要が起きているのでしょう。石油ショックの時のトイレットペーパー買い占めのようなものです。首都圏は明日から「輪番制停電」が実施されるとあり、いまこの時でも当地がどの時間帯停電するどのグループに属しているのか、さっぱりわからない状態です。正直、いまの時点では明日の仕事の段取りもつけようがありませんが、いずれにせよそれも明日になれば分かることです。「ご飯が炊けない」と言ったところで、一日数時間の停電時間帯だけのことです。
 
 溢れかえっているモノに慣れて、その一部でも欠けてしまうことに、そんなに怯える必要があるのか、仮にある商品が先行き品薄が見込まれるとして、それを家の中に大量にストックして置かなければ、安心出来ないのか? そんな皮相なことを考えてしまったのでした。
 当地は被災地ではない。多少品薄なものがあるとはいえ、全体として十分なモノは供給されている。 「サトウのごはん」は品薄になるかもしれないが、それは本当の被災地で必要とされているモノです。我々には普通に炊くコメは十分に供給されているわけなのですから…。
 もう一つ、今日はガソリンスタンドがどこも長蛇の列でした。ウチのクルマはフューエルゲージがEラインに近づいていましたが流石にこの列に並んで給油しようという気は起きませんでした。

 おそらく誰もが経験したことのない未曾有の災害。しかし幸運にも私たちの地域はその災害に直面することを免れた。ならば見えないものの影に怯えて行動するより前に、立ち止まってするべきことがあるような気がするのです。
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 3

Cedar

今日(もう昨日ですね)はこんな日に休日出勤でした、帰りに寄ったコンビ二の棚には、ほとんど商品がありません。そこには<震災被災地に食品を優先供給するため>の貼り紙が・・・納得です。
そして明日は計画停電、うちの母は市川に住んでいるので心配で電話したら<戦争中のことを思えばどうってことない>との言葉。つらい時代を生き抜いて来た強さを垣間見るとともに、私の世代の弱さを思いました。
何でもある、が当たり前の世代と、何も無い、が日常だった生活を経験した世代・・・
その差は大きい。管理人がおっしゃるように<落ち着いて><自分の出来ること>をい考えながら行動していかなくては。
by Cedar (2011-03-14 02:08) 

あおたけ

おっしゃる通りだと思います。
まずは被害の少なかった我々が落ち着くべきですよね。
by あおたけ (2011-03-15 08:51) 

maipenrai

あおたけさん
 コメ返遅くなり失礼しました。
 落ち着く、というよりむしろ「やせ我慢」をすることが大事なんじゃないか、と思い始めてます。たしかにここ数日、店頭からはいろんなものが消えているんですが、その理由は(ホントはいろいろあるにせよ)主に非被災者の「狼狽買い」だから、モノは少し待てばすぐに出てくる、と目先の事象にとらわれず、本当は不安だがやせ我慢をする、そういったふるまいの総和が、世の中を落ち着かせることに繋がるのでは、なんて思ってます(エラソーにすみません)。
by maipenrai (2011-03-16 22:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。